vSAN は、業界をリードするハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューション向けに設計された vSphere ネイティブのストレージです。

vSAN 6.7 では、スキル習得に時間をかけずに、迅速な意思決定を行えるほか、運用効率に優れた新しい HCI 環境を利用できます。また、耐障害性に優れた、より一貫性のあるセキュアなアプリケーション環境が提供されるほか、人的リソース、テクノロジー、分析機能を活用する、よりシンプルかつ迅速な問題の解決が可能です。エッジからコア、クラウドまでをカバーするデジタル基盤の構築に際し、数ある HCI ソリューションの中から VMware vSAN が多くの企業で選択されています。

(8:20)

技術概要ビデオ

vSAN 6.7 の新しい機能をご紹介します。

Gartner のマジック クアドラントでリーダーとして位置付けられました

vSAN は、Gartner の 2018 年のマジック クアドラントで、ハイパーコンバージド インフラストラクチャのリーダーに位置づけられました。

レポートの表示

vSAN による CenturyLink のクラウドの変革

CenturyLink は vSAN を採用することで、費用対効果に優れたパフォーマンスと総所有コストの削減を実現しました。

VMware HCI Kit 特別割引キャンペーン

vSAN を導入することで、コストを削減し、運用を簡素化して、最小限のリスクでハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)を展開できます。

今すぐ購入する

主な機能

機能強化

vSAN 6.7 の主な新機能と強化された機能は、次のとおりです。

 

  • HTML5 のユーザー インターフェイス

    新しく設計されたユーザー インターフェイスにより、最新の管理環境が実現します。新しいインターフェイスはほかの VMware 製品と同じフレームワークを使用して構築されているため、統合された直感的な使用環境で SDDC スタックを管理できます。また、新しい UI によってワークフローが最適化され、多くの機能に簡単にアクセスできるようになりました。

  • vCenter の vRealize Operations

    vRealize Operations で vSAN 環境を管理するには 2 つの方法があります。vCenter でのグローバルな運用情報の把握、そして、vRealize Operations による高度な監視、トラブルシューティング、キャパシティ管理です。vCenter 内で vRealize Operations の情報をそのまま使用して、単一の管理画面で HCI 環境を監視、制御できるため、vSAN 環境や vSphere 環境の概要を把握できるだけでなく、重大なアラートや運用情報も確認できます。さらに、vRealize Operations の高度な機能をフル活用して、情報やアクションの展開、短期間での価値実現が可能です。複数のストレッチ クラスタにわたる環境概要、メトリックとログを利用したトラブルシューティング、さらには残り時間や再利用、重複排除、圧縮による節約などのキャパシティ管理は、その一例です。

  • 新機能:vSAN ReadyCare

    vSAN ReadyCare サポートは、vSAN のお客様に対する VMware の取り組みを示すものであり、人、分析、テクノロジーを通じて総合的なサポートを提供します。vSAN Support Insight の予測モデリング機能では、数千にのぼる vSAN ユーザーから提供された匿名データを分析し、問題が発生する前にアラートをプッシュ通知します。また、vSAN Health Service はリアルタイムのサポート通知と修正に関する推奨事項を提供します。

  • FIPS 140-2 認定暗号化機能

    vSAN は保存データ向けのネイティブ HCI 暗号化を実現した業界初のソリューションですが、vSAN 6.7 では、その暗号化技術が米国連邦政府の厳格な基準を満たし、業界初の FIPS 140-2 認定ソフトウェア ソリューションとなりました。vSAN の暗号化は、ハードウェアに依存せず、シンプルな方法でキーを管理するため、低コストのデータ保護と高い柔軟性を実現します。また、DISA 認定 STIG に準拠した初めての HCI ソリューションでもあります。

  • アプリケーションの耐障害性の向上

    vSAN では、エンドユーザーが整合性の高い環境を利用できるよう、適応型の再同期、エア ギャップ ネットワーク向けの迅速なフェイルオーバー、レプリカの統合など、インテリジェントな自己修復機能を提供しています。適応型の再同期処理では、I/O トラフィックをインテリジェントに管理することで、再同期中に生じるアプリケーションの中断を最小限に抑えます。レプリカの統合処理では、ホストをメンテナンス モードに切り替える際の時間と工数が削減できます。さらに、フェイルオーバーを瞬時に実行して、エア ギャップ ネットワークのフェイルオーバー時間を短縮します。

  • ストレッチ クラスタの可用性の向上

    インテリジェントなウィットネス トラフィックの分離、プライマリ サイトの上書き、効率的な再同期によって、ストレッチ クラスタ機能がさらに強化されました。ウィットネス トラフィックの分離と効率的な再同期によって、リンクで送信されるデータのパスとサイズが最適化されるため、アプリケーションのエンド ユーザーがフェイルオーバーを意識することはありません。プライマリ サイトの上書き処理を利用すれば、サイト障害が発生したときに適切なロジックが実行され、ワークロードの可用性が増大します。

  • 次世代アプリケーションの最適化

    vSAN は新しいストレージ ポリシーとして vSAN ホスト ピンを利用し、次世代のシェアードナッシング アプリケーションに vSAN の効率と耐障害性を適応させます。また、このポリシーを利用して、データの単一コピーを保持し、仮想マシンを実行している ESXi ホストでデータ ブロックを格納します。このオプションは、ビッグデータ(Hadoop)、NoSQL(DataStax など)のほか、アプリケーション レイヤーでデータの冗長性を維持するアプリケーションでは特に重要です。

  • ビジネス クリティカル アプリケーションに対するサポートの強化

    vSAN は、Windows Server フェイルオーバー クラスタ(WSFC)のサポートを通じて、さらにミッション クリティカルなアプリケーションをサポートできるようになりました。これにより、ワークロードのストレージ管理の複雑さが軽減し、迅速に統合 SDDC 環境へ移行することが可能です。

  • vSAN Support Insight によるプロアクティブなサポート

    インフラストラクチャの問題が発生する前にアラートが通知されるだけでなく、データを定期的に収集することで事後対応時間を削減できるなど、プロアクティブなサポートによって vSAN の信頼性が向上します。この機能を利用するには、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへの登録が必要です。

  • 柔軟なコア ダンプ サポート

    コア ダンプの柔軟なサポートにより、迅速なサポートを行うために重要なデータの方向性とサイズが自動的に構成され、より多くの展開タイプで問題解決までの時間が短縮されます。

  • 新しいハードウェアのサポート

    vSAN で 4Kn ディスク ドライブのサポートが始まったことで、将来の変化にも対応できるほか、ストレージ TCO の削減にも貢献します。

詳細については、StorageHub に、vSAN、VVOL、SRM、VR に関する技術リソースが掲載されていますのでぜひご参照ください。